カシオ、Baby-G発売20周年記念モデルを発表

| コメント(0) | トラックバック(0)
タフなデジタル腕時計の代名詞的な存在、カシオGショックの女性モデルBaby-Gから、発売20周年記念モデル「BGD-500」が発表されました。

発売は3月14日、ホワイトデーです。

「BGD-500」は初代モデル「DW-520」のスタイルを彷彿させるポップで無骨なデザインです。

文字盤は、デジタル表示のみ、Gのロゴマークは丸みを帯びています。

発売当時人気だったワイヤプロテクターを採用していて、当時のファンには懐かしさ、はじめてBaby-Gを知る人には新鮮さを感じるデザインになっています。

初代モデルと比べて機能性はアップしていて、20気圧の防水性能を備え、世界48都市の29のタイムゾーンの時刻表示に対応しています。

どんなに厳しい環境下にあっても、世界のどこにいても活躍してくれるアクティブな機能を備えています。

カラーは、ターコイズブルーとホワイトの組み合わせをはじめ3種類、どのカラーコーディネートもBaby-G独特のセンスです。



40代の私は当時Baby-Gを愛用していたので、20周年記念モデル発売が非常に待ち遠しいです。

とはいえ、このモデルをかっこよくコーディネートする自信がないので購入は控えます。

この復刻モデルのデザインを新しく解釈できる若い世代の人から、新たなBaby-Gのコーディネートが生まれるような気がします。


ちなみに最近ここの時計も気になります!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.search9.net/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2014年5月 9日 17:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「腕時計と社会人としての身だしなみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04