腕時計と社会人としての身だしなみ

| コメント(0) | トラックバック(0)
腕時計を着ける事は社会人としての身だしなみです。

職種や業種によるものの基本的には腕時計を身につける事が望ましいです。

腕時計の種類は多種多様である為、職場の雰囲気や自身の立場(スタンス)等を考慮した上で慎重に検討する事が大切です。

高級品は安全上の面から好ましくはない為に一般常識や節度のある範囲内で身につける事が望ましいです。

又、服装(スーツやカジュアル等)や場によって腕時計を使い分ける事によってお洒落な印象を与える事が出来ます。

実は社会人の手元は比較的他人の目に付きやすいパーツです。

つまり腕時計は意外と他人にチェックされている為に人間的センスを判断する為のツールとなっています。

腕時計は一点豪華主義よりもトータルコーディネートやバランスを重視する事がポイントになります。

(ちなみにスーツにはデジタル腕時計やカジュアル腕時計は避けた方が無難です)

自身の年齢や役職等に適している(身の丈に合っている)腕時計をさりげなく身につける事が大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.search9.net/mt/mt-tb.cgi/30

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2014年3月 6日 09:37に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「カシオ、Baby-G発売20周年記念モデルを発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04